プレスリリース

2021-04-16

イネの葉の栽培期間を通じた大規模な光合成測定実験に成功 新開発の装置を活用 出穂後の4週間の光合成改良が収量増の鍵

詳細は以下のリンク「茨城大学ホームページ」をご参照ください。


外部リンク

茨城大学ホームページ

前のページに戻る

Copyright c 2017 College of Agriculture, Ibaraki University. All rights reserved.
このサイトの文章・画像等は著作権により保護されていますので、無断での転用・転載はご遠慮ください。