イベント

2019-07-18

茨城大学農学部フードイノベーション棟「竣工記念式典」を挙行しました(7月18日 掲載記事へのリンクを追加しました)

 農学部では平成29年度の学科改組に伴い、国際標準「HACCP」教育と食の6次産業化の中核を担う教育研究を強化するため、阿見キャンパスに新たな施設(フードイノベーション棟)を整備しました。

 このフードイノベーション棟は、生活の土台となる食の安全・安心を国際基準への準拠を保証すべく、その教育・研究活動の拠点として企業や地域との連携を一層進めるために整備しました。

 これを記念し、令和元年6月29日(土)、文部科学省、農林水産省、茨城県をはじめ約90名のご来賓と、学長はじめ約80名の学内関係者により、竣工記念式典を挙行しました。

 第二部記念講演会においては、五十君靜信東京農業大学教授による「食品衛生法改正における国際整合性の重要性とHACCP制度化の動向」と題したご講演をいただきました。

 また、式典終了後は、施設内覧会と記念植樹を行い竣工を祝いました。

* 7/18 更新
茨城大学のHPにも、「農学部・フードイノベーション棟の竣工記念式」について掲載されました。
下記外部リンクより、記事をご覧いただけます。


外部リンク

(茨城大学 NEWS)農学部・フードイノベーション棟の竣工記念式を開催

前のページに戻る

Copyright c 2017 College of Agriculture, Ibaraki University. All rights reserved.
このサイトの文章・画像等は著作権により保護されていますので、無断での転用・転載はご遠慮ください。