プレスリリース

2018-10-16

本学部准教授が葉緑体成立に不可欠なタンパク質輸送モーターを発見

本学部の中平洋一准教授は、大阪大学・中井正人准教授らの研究グループ、京都府立大学・椎名隆教授らとの共同研究によって、植物葉緑体で機能する2千種類を超える様々なタンパク質を葉緑体内へと運び入れる新奇で巨大な蛋白質輸送モーター複合体を見出し、その全ての構成因子を決定することに世界で初めて成功しました。

詳細につきましては、次の本学ホームページリンク先をご参照ください。


外部リンク

茨城大学ホームページ/お知らせ/農学部・中平洋一准教授ら、葉緑体成立に不可欠なタンパク質輸送モーターを発見

前のページに戻る

Copyright c 2017 College of Agriculture, Ibaraki University. All rights reserved.
このサイトの文章・画像等は著作権により保護されていますので、無断での転用・転載はご遠慮ください。