大学院 資源生物科学

前のページに戻る

資源生物科学専攻

教育目的

資源生物科学専攻では、生命科学的手法及び化学生態学的手法を用いた生物資源の有効利用や食料問題の解決、環境の修復・保全及び生物機能の解明を行い、深い専門知識と先端的な技術を修得し、問題解決能力・研究能力を身につけた高度で専門的な能力を有する人材の育成をめざしています。

アドミッション・ポリシー

  • 食料・環境・生命の分野に強い関心を持ち,生物資源やバイオサイエンスに関する深い専門知識と高度の技術を身につけようとする人
  • 旺盛な学習意欲と豊かな着想力を備え,自立して問題の解決のための実験・研究を行おうとする強い意志を持っている人
  • 深い知性と豊かな感性を備え、また国際的な視野を持つ技術者・研究者をめざす人を求めています。

教育内容

応用生命科学

動物、植物、微生物およびそれらに由来する酵素・遺伝子や食品を対象として、生命現象および機能の解明をめざしている。生物化学的および分子生物学的研究 手法により得られた新知見をもとに、生物資源の有効利用や新資源・医薬品の開発をはかると共に、遺伝子組換え技術、細胞工学的手法および蛋白質工学的手法 による有用生物の育種、有用酵素の改良、機能性食品の開発、有用生物の探索と分類に関する教育研究を行っている。
なお、これらの教育研究の一部は本学遺伝子実験施設や本農学研究科と連携大学院を構成する(独)国立科学博物館筑波実験植物園および(独)食品総合研究所で実施している。

農業化学生態学

農業と環境に関わる諸問題を化学的および生態学的に解明するために、農耕地生態系を構成する生物と生物の間のコミュニケーションに関わる化学物質の探索、産業活動等による農耕地生態系の汚染実態の分析、国内外(特に、熱帯地域)における自然災害によって破壊された生態系の再生と土壌修復、環境ホルモン等の 環境汚染物質の動態解析とそれらを分解する微生物の探索と利用開発に関する教育研究を行っている。

担当教員の研究概要



このページの先頭へ